美味しいものはみんな飲み物

食いしん坊OLの旅と美味しいものの記録

【目次】201709 極東ロシア旅

3泊4日でウラジオストクハバロフスク、そしてシベリア鉄道を満喫した旅の記録です。

手配記も追記したいと思っている所存。

 

そして今後の旅行記も(執筆中のものを含め)完結が目標。

そして、目次でまとめていけたらいいなと思っています。

 

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

four-seasons.hatenadiary.com

【美味しいもの】路地裏でモーニング

先日昼から渋谷で観劇の予定があり、ゆっくりお昼を食べる時間はないと考えて、モーニングをいただいてきました。

 

選んだお店は宇田川町にある、Bistro ROJIURA

 

ビストロ ロジウラ

食べログビストロ ロジウラ

 

本当に路地裏にあって、地図を見ながらも少し迷いました。

 

3人で伺ったので、Breakfastから3種類をチョイスしました。

アボカドとスクランブルエッグのオープンサンドに自家製ハム

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180422140730j:image

土台のパンのしっかりさと、トロッとしたスクランブルエッグにアボカドのまろやかさがマッチして美味しい一品でした。

ちょっと切りにくいですが、間違いない美味しさです。

 

フレンチトースト 自家製ベーコンとブッラータチーズ添え

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180422140801j:image

何もつけないフレンチトーストも美味しく、メープルシロップをかけても美味しく、ブッラータチーズと一緒に食べるとさわやかな酸味でまた違った印象に!!

自家製ベーコンは肉厚でこれまた美味しい。お酒飲みたい…

メープルシロップのかかったベーコン好きなので、幸せすぎる一皿でした。

 

野菜とレンズ豆のカレー レモンライス

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180422140908j:image

これ、頼んだ3品の中では一番サッパリしていたかもしれません。

動物性の食べ物がないので、サッパリと。スパイスも効いていてスルスルっといただけます。

オクラとナスとレンズ豆がたっぷり、パクチーもたっぷりでこれまた飲み物のようにあっという間になくなる美味しさでした。

 

そして…

あんバターリコッタチーズサンド

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180422140946j:image

これ、どのテーブルも1人1つオーダーしていました!

私たちはシェアで。

シェアしましたが、リコッタチーズのパワーかサッパリしていて、ぺろりでした。

次は1人1つですね。

 

どうやらミシュランガイドにも掲載されているようです!

(お店のトイレで知りました。)

 

渋谷でマチネの際はセットで訪れたいお店になりました!

夜のビストロにもお邪魔したいです♪

 

 

【美味しいもの】club小羊で久しぶりのジンギスカンを食す

先日、ラム好きの友人たちとジンギスカンを食べに行ってきました。

ラム&パクチーやら、東アジアのラム料理などは食べていたものの、久しぶりに初心に戻ってジンギスカンです。

 

アクセスが制限されています[食べログ]

 

かんぱーい。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410185213j:image

絶賛ハイボールダイエット中でした。

※この後ワイン飲んじゃった…

 

ハーフ&ハーフのコースでスタートです。(1人3000円でした。)

内容はこんな感じ!

ジンギスカンセット
(肩ロース+特選ロース)
ラムチョップ
おつまみ
デザート(アイス)

 

メニューからおつまみを確実選びます。

私たちのチョイスは

 

パクチーサラダ

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410185250j:image

ラム好きにパクチー嫌いはほとんどいないと思います。(母を除く)

 

醤油クリームチーズ

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410185505j:image

実は食べそびれました。

 

ラムリエット

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410185534j:image

こちらもラム好きは必須かと!

4人で飲むメンバーならば2人はこれにしてもいいと思います!

 

タタキきゅうり

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410185602j:image

箸休めに最適ですね。

 

ジンギスカン鍋も登場。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410185638j:image

玉ねぎはもう少し乗っていてくれても構いませんよっと。

 

豆もやしモリモリです!

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410233425j:image

 

そして肝心のラム肉が登場です!!

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410233455j:image

左側が肩ロース、右側が特選ロース。

肩ロースはタレ、特選ロースは塩とワサビでいただきます!

特選ロースはレア目でOKとのこと!

 

早速焼きますよー!

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180411181423j:image

間違いなく美味しいです!!

どちらも臭みが無くて旨味を十分に感じられます。

もしかしたら、ラム好きな人にはちょっと羊臭さが物足りないかもしれません…

そういう私たちも、もう少し羊っぽさ欲しいよね!ってなりました。

 

お肉が来たところで、お酒を追加オーダーします。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180411181455j:image

小羊の小羊により小羊のためのワインです。

頼まない訳にはいきません♪

 

エチケットがお店オリジナルで可愛いーー!!

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180411181641j:image

 

早速お肉と合わせていただきます🐑

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180411181711j:image

ただただ美味しくいただいた記憶しかありませんw

 

一通り焼き終わるとラムチョップの登場です。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180411181746j:image

 

伝わりますか、この厚み!!

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180411181820j:image

脂の方から焼いて、表面はカリカリにしていただきました!

旨味たっぷり、適度な羊臭さもあって大満足〜!

 

網焼きで、ラムソーセージとラムベーコンもオーダーしました。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180411183506j:image

おつまみにぴったり!

網焼きは鉄板を下げてからになるので注意です!

ラムのホルモンの追加を忘れたので、再訪しなければなりません…

 

デザートにちょこっとラムレーズンのアイスでフィニッシュです。

 

4人がけの席は最大2卓かな?

早めの予約をオススメします!

 

 

入り口が中華屋の脇の暗い階段を登るので分かりづらいですが、ステキなお店が待ってます!

 

 

【美味しいもの】春の旬を楽しむ宴

先日、今が旬のあさりで絶品のボンゴレビアンコを楽しむ会にお誘いいただき、表参道にあるRistorante Cortesiaにお邪魔してきました。

 

リストランテ コルテジーア[表参道]イタリアン ランチ & ディナー

 

総勢6人で、プーリア料理を楽しみます。

 

前菜はモッツァレラチーズ紫芋のピューレ。トマトとニンジンの葉と共に。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410105653j:image

紫芋好きとしては、最初から幸せ。

 

焦がし麦のパン

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410105723j:image

良い香りですー。しかしここで食べては後に響くかもしれない!

 

富山産ホタルイカ

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410105756j:image

オリーブオイルでシンプルに。

主役の前から旬の食材の登場に、みんなで歓喜です。

 

苦味が嬉しい春の美味しさ。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410105825j:image

プンタレッラ。オリーブオイルとアンチョビで。2回聞いたけれどなかなか覚えられない野菜でした。春野菜の苦味大好きー!!

 

駿河湾産生の桜エビ。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410105852j:image

香りだけで美味しいのです。

本当に旬で贅沢。

 

麦のひよこ豆?あれ?レンズ豆??

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410105921j:image

こちらも美味しくて。セロリと玉ねぎがたっぷりなのもも嬉しい!

 

手前、お漬物みたいに見えるでしょ?

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410121839j:image

ビーツです!

 

ひよこ豆?レンズ豆?

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410121909j:image

フォカッチャを、クルトンにして。

 

ソラマメ!!

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410121941j:image

ここでも来ました、春の味覚。

贅沢ー!

 

ゼッポリーネ。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410122151j:image

青海苔の量が凄くて、香り高い逸品でした。

 

そして来ました!メインイベントのボンゴレビアンコ!

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410122225j:image

これで、6人分です。大人数で作った方が旨味が増すとのとこで、大皿から取り分けていただきます。

 

たっぷりです。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410122307j:image

あさりは熊本県産のもので、あさりとは思えない大振り!貝柱が2つのものもありました。

 

どのくらいのボリュームか、この写真で伝わるでしょうか。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410122339j:image

 

まるでカニを食べているかのように、全員で一心不乱に殻から身を外し、貝殻だけでこの量です。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410122409j:image

まるで貝塚

 

ボンゴレビアンコの塩気はあさりの塩気だけどのこと。肉厚なあさりとむっちりのパスタ。海を感じるちょうど良い塩気に、満たされました〜

 

と、言いながらもまだまだ食べられる人たち。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410122438j:image

シンプルなカチョエペペ3人前をシェアしていただきます。

シンプル過ぎで美味しい。けど、美味しい時間は限られているので真剣にいただきます。

赤ワインとの相性もバッチリです。

 

それでもまだ食べられる私たちは子羊の白ワイン煮込みも追加。3人前です。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410122536j:image

子羊そのままを味わうのならば、赤ワイン煮込みではなく白ワインの方が良いのかもしれませんね!!

羊ラバーです。

 

よく食べよく飲む素敵なメンバーで、追加したメニュー以外はお酒もお料理もお任せ。安心のおまかせ!

ワインはボトルが5本空きましたね。

 

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410184708j:image

 

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180410184753j:image

 

エチケットの写真は2本分だけ。

次の春にも必ず、でもそれ以外の季節にも再訪したい素敵なお店でした。

 

【冬のNZ縦断05】クイーンズタウンの宿に到着

クイーンズタウンの宿は、セント ジェームス アパートメントを予約しました。

Queensタウンには3泊します。日中はツアーで出かけていることが多いものの、

この旅では比較的長めの滞在なので、広めの宿を探しました。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125013923j:image

くみちゃんとこのベッドにお世話になります。(一緒に寝るのは慣れているのでへっちゃらですw) 

右手の窓の隣がドアです。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125014018j:image

壁掛けの大きなテレビがありますが、一度も使いませんでした。(普段からテレビをほとんど見ないのです。)

収納も一応あります。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125014059j:image

コートなどはこのラックのハンガーにかけました。

 

キッチン付きです。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125014144j:image

本当はもっと長期滞在が向いている街なのです。

食器や洗剤も一通りそろっていたと思います。

部屋で軽く食事を済ませた日もありました。

 

続いてバスルームです。

コンパクトならが必要にして十分。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125014335j:image

でも本当はハンドシャワーはほしいですね。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125014435j:image

ニュージーランドでバスタブのあるホテルには、最後のオークランドだけしか泊まりませんでした。

広くて清潔感のあるバスルームにも満足です。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125014537j:image

 

さて、夕食を食べに出かけましょう!

【冬のNZ縦断04】香港〜オークランド〜クイーンズタウン

香港から遠回りをしてニュージーランドへ。

まずはオークランドに到着です。

この後キャセイパシフィック航空クライストチャーチにも就航していました。

 

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171101185808j:image

独自の生態系を保護しているニュージーランドは、オーストラリアと同じく食品等の持ち込みは厳しく禁止されています。

私たちは乗り継ぎもあり、早めに入国したい!ということで、本当に一切持ち込みませんでした。私たちはスーツケースを開けて確認ということはなく、スムーズに入国できました。

 

スーツケースを 引き取って外に出ると、The Middle Earthを感じる像が!!f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171101185921j:image

ついにニュージーランドに来たことを実感しました。

国内線ターミナルに移動する前にキャッシングで現金をゲット。

それから巡回バスで国内線ターミナルに移動します。

 

国内線ターミナルに到着したら、さっそくチェックイン。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125013243j:image

基本的にセルフチェックインです。荷物のタグも印刷されるので、自分でスーツケースにつけて奥に見えるBag dropに持っていきます。

Bag dropで重さも確認するので、気を付けてくださいね。

 

そうそう、オークランド空港の国内線ターミナルで一応シャワールームを見つけました。

とはいってもラウンジのような感じではなく、大きい個室のトイレにある感じでした。

タオルの有無等は確認できず。情報お持ちの方、教えてください!

 

さて、オークランドからクイーンズタウンに向かいます!

国内線では飲み物と一緒にcookie timeかチップスがもらえます。

私はずっとcookie time一択でした。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125013349j:image

もちろん、お土産にもたくさん買って帰りました。

 

窓の外にからブロッケン現象を確認。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125013437j:image

南半球の南側に向かいます。

景色は冬。

でも、この厳しい環境の風景がThe Middle Earthを感じさせるのです・・・

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125013539j:image

 

無事、クイーンズタウンに到着しました。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125013619j:image

 

空港にあったカフェがかわいかったのでパチリ。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125013707j:image

 

Hobbitの映画デザインの飛行機のモデルが飾られていて興奮!

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20171125013751j:image

空港からは事前に予約していたSuper Shuttle(相乗りシャトル)で宿泊先まで送ってもらいます。

 

【国内旅行】おんせん県に行きました② 地獄蒸しと明礬温泉

地獄めぐりのあとは、昼食です。

 

友人が地獄蒸しを予約してくれました。

里の駅 鉄輪

里の駅 かんなわ 蒸de喜屋|ホームページTOP

そんなに混雑していなくて穴場かもしれません。(友人にお任せでした。)

 

こちらが選んだ食材!購入も持ち込みも可能です!

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180315220420j:image

 

ここで蒸してくれます。 

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180315220515j:image

タイマーが鳴ったら引き取りに♪

 

蒸しあがりはこちら! 

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180315220612j:image

 

ビールが飲みたいところですが、ドライバーがいるので大分らしくかぼすサイダーです。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180315220720j:image

スッキリしてて美味しかったー

 

地獄蒸しの温泉卵です。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180315220812j:image

固茹で。剥く時は熱々なので要注意です。

白身にしっかり色がついてる!

美味しくいただきましたー。

 

食後は温泉へ!立ち寄り湯です。

目的地は明礬温泉 湯の里。

別府・明礬温泉 湯の里 | 大露天岩風呂

 

温泉は撮影禁止ですので、リンクからどうぞ。

晴れた日は眩しいくらい。

露天風呂の温度は適度でとってもよいです!

そんなに混雑していなくて、快適でした。

実は内湯もあってそちらにも入りに。

が、こちらはかなり温度が高い…

まりはそこにハマってました。

 

入浴後は湯の花づくりの仕組みを見たり、お土産を買ったり。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180315221427j:image

湯の花の入浴剤を購入しました。

 

別府は韓国からの観光客がおおく、説明にもハングルがありました。

魅力たっぷりだから、もっと日本人も行こうー!

 

さて、別府市内に戻ります。